自宅で性病検査、郵送キットで簡単に検査

梅毒にかかるとどのような症状が出るか

梅毒にかかるとどのような症状が出るか

梅毒にかかるとどのような症状が出るか,梅毒トレポネーマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは梅毒は病原体です
梅毒トレポネーマといいます、

 

ではどのようにして感染するかというと
性交渉によって感染します

 

梅毒トレポネーマは皮膚や粘膜の
小さな傷から進入して血液で全身に広がります

 

梅毒トレポネーマは小さな細菌です
温度変化に弱いといわれています

 

たとえば39度の熱では5時間
4度では24時間以内に死滅します

 

また30〜33時間で増殖します

 

症状はどのように出てくるかとい言うと
1〜4つの病期に分けられています

 

感染したかなと思っても
あわてて検査はしないほうがいいですね

 

症状は3週間症状が出ない潜伏期間になります
それを過ぎるとトレポネーマが直接進入した
ところに(局所)出ます。

 

今すぐこちらの緑のURLのボタンを
クリックしてください
↓ ↓ ↓
自宅で簡単性病検査

 

数ミリから数センチのできものができます
ただ痛みやかゆみなどの症状はありません。

 

でも安心はできません

 

男性の場合亀頭と包皮のくびれの根元と
亀頭、包皮にできやすいですね、

 

女性の場合は大陰唇、小陰唇、膣の入り口
などにできます、

 

唇や手指にもできることがありますが
数は少ないですね、(一個複数)

 

ただ3〜4週間では血液検査をしても
感染したかどうかはわかりません、

 

しかしこの後にどんな変化が出ると思いますか
状態は悪くなります

 

亀頭、包皮にできた硬いふくらみは
中央部からえぐれてきたり、
粘膜がただれてきたりします

 

見てわかるような皮膚が荒れた状態になります
見た目痛そうですが痛くなく熱も出ません、

 

腫瘍の周りが盛り上がり硬くなります
梅毒トレポネーマは体に進入した後は

 

リンパに乗ってリンパ節で増殖して腫らします
ここで検査キットで調べましょう

 

血液検査をして陽性反応が出ても
このような症状が出ない場合があります

 

直ったのかなと安心してはいけません
直ってはいません、潜伏しています

 

そのまま放置していると大変なことになります、
妊婦の場合胎盤を通じて胎児にも感染し、

 

早産や流産になったり
生まれてきた子が先天性梅毒になることがあります。

 

予防する場合この人は危ないと思ったら
コンドームは必要です

 

またコンドームだけでは完璧な予防にはなりません
口からも感染する場合があります

 

最近また梅毒に感染した人が増えてきています
初期の段階で治療を始めれば

 

梅毒にかかった履歴が残らないそうです、

 

性行為をして怪しければ4〜5週間で
検査キットを使い調べてみましょう

 

こちらの画像をクリックすると詳しくわかります
↓ ↓ ↓

 

陽性が出れば早めに専門医で治療を受けましょう

 

男性の場合は目で確認できるのですが
女性の場合は鏡を使い入り口はもちろん
少し開いて中もみましょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 梅毒にかかるとこのような症状が