自宅で性病検査、郵送キットで簡単に検査

淋病に感染男と女の違い

淋病に感染男と女の違い

淋病は男性の場合はっきりとした
症状が出ます、

 

 

9割の男性に明確な症状が出ます
どんな症状が出るかというと

 

1)トイレが近くなる
2)ペニスの先がはれる
3)尿道の違和感、かゆみ、熱っポサ
4)排尿時の激しい痛み
5)勃起時に痛みがでる
6)黄色のどろどろした膿が出る

 

 

こんな症状が出ます
自宅で簡単性病検査
淋病に感染すると2〜4日で発祥します
遅くても一週間位です、

 

 

なんとスピードが速いんですね、
潜伏期間が短いですね

 

 

後から女性の症状など書いていきますが
淋病は女性がのどに感染していて

 

フェラチオ感染が多いようです

 

では女性の場合ですが、
ちょっと厄介です

 

 

女性の場合症状がほとんど出ません、
症状が出るのは1〜2割といわれています

 

 

これでは気がつかないですね
では女性の場合どのような症状が出るかというと

 

1)オリモノが以上に多いい
2)性交のときの痛み
3)不正出血
4)下腹部の違和感

 

このような症状が主です

 

ここでオリモノの色ですが
黄色から緑白色のオリモノで量も増えます
しかもドロッとしています

 

クラミジアとの違いはオリモノが水っぽく
量も多くありません

 

さらさらしています

 

淋病は膀胱炎になる場合があります
大腸菌が主な原因ですが

 

淋病、クラミジアが原因で膀胱炎になっていることがあります

 

女性の場合潜伏しているのでわかりずらいですね、
あまりしょっちゅう膀胱炎になるようであれば
淋病、クラミジアを疑ってみることです、

 

淋病もほっておくと大変なことになります

 

HIVウイルスどんな病気かわかっていますよね
クラミジア、淋病に感染していると性行為をした場合

 

HIVウイルスに感染する確立は
通常より3〜5倍かかりやすくなるとのことです、

 

また女性の場合
母子感染による赤ちゃんどうなると思います

 

非常に危険です

 

妊婦の場合赤ちゃんに感染して
眼感染症や肺炎を引き起こす可能性が高いです

 

母親がクラミジア感染、淋病感染したまま
出産した場合新生児の肺炎の発祥確立は
3%〜18%です。

 

そして女性のばあい淋病はのどに感染するケースが
非常に多いいですね

 

 

原因はフェラチオです

 

男性が感染していればフェラチオをしたときに
のどの奥の粘膜に感染します

 

SEXの場合はコンドームを使用して行為を
行うことが多いいのですが

 

オーラルセックスの場合はコンドームは使わないですね
お互いに気持ちよくないですね、

 

 

のどに淋病が感染した場合感染したことがわからない
無症状が多く

 

自分が感染したことがわからない
あいてが怪しいと思えば調べてみたほうがいいです

 

いずれにしてもほおっておけば危ない病気です
心当たりがあれば誰にもわからずに検査ができる
検査キットで調べてみましょう。
↓ ↓ ↓


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 梅毒にかかるとこのような症状が