自宅で性病検査、郵送キットで簡単に検査

単純ヘルペスウイリスに感染

単純ヘルペスウイリスに感染

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純ヘルペスウイリスに感染するとどんな症状が出るか。

 

感染後2日〜10日で症状が現れます

自宅で簡単性病検査
性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスにより
引き起こされる性器の皮膚の炎症です

 

単純ヘルペスウイルスは

 

 

性器の皮膚やネンマクから神経に侵入し、
やまとずいしんけいせつに潜伏染します

 

性器ヘルペスの症状は、感染後2日から10日で現れますが、
初感染の70%で症状が現れないといわれています。

 

 

初感染時に症状が現れない方もヤマトズイシンケイセツに
単純ヘルペスウイルスが潜伏していますので

 

このようなことで症状が現れることがあります
手術や薬の服用、過度なストレス、体力の低下などが
あれば危険です。

 

初感染初発型の症状は重くなりやすいといわれています

 

単純ヘルペスウイルスに初感染した後、
2日〜10日で症状が現れます

 

どんな症状が現れるかというと、
性器や肛門周辺のかゆみや不快感から始まり、

 

ピリピリした痛みが増していくことが多いといわれています。

 

 

ピリピリした痛みが増すにつれ、男性では亀頭やいんけい、
いんのう、肛門周辺に小さな水泡がでてきます。

女性では外陰部周辺に小さな水泡がみられるようになります
この水疱はやがて破れ、不規則な形のかいようになります

 

小さな水泡なので見落とすことが多いのですが、
水疱と痛みの有無は重要な症状です。

 

口の周りにもこんな症状は出ます
彼女、彼氏に移さないようにしましょうね。

 

こんな症状が出たらまずは検査キットで調べて見ましょう
↓ ↓ ↓

 




ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 梅毒にかかるとこのような症状が